カメラの機能を最大限に使うコツ/コスプレ撮影スタジオサーチ!

カメラの機能を知るだけで、いつもと違うコスプレ写真が撮影できちゃう!
あらゆるコスプレシーンに対応できるカメラテクニックをご紹介。周りのコスプレイヤー、カメコさんに差を付けちゃいましょう☆

カメラの機能を最大限に使うコツ

コスプレ撮影のこういうときはどうするの?目的別カメラ機能の使い方や、まだまだ知らない写真素敵度UPのテクニックまでまとめてチェック♪

背景をぼかして人物を引き立たせる

カメラにはデジカメ、最近ではカメラ女子たちに一眼レフも人気がありますね!私はデジカメしか持ってませんが、機能をちょっと勉強していれば十分に綺麗なコスプレ写真を撮影することができます。

せっかくスタジオを借りたんだから、人物も背景もどっちもはっきりと撮りたい!って方も多いでしょう。でも、背景をあえてぼかすことでどっちも引き立ってくれることが多いんですね(*´ω`)ノ゙

デジカメで背景をぼかす方法で簡単なのは、なるべく撮りたい人や物に近づいて撮ること!アップ以外で撮りたいときは、なるべく背景から離れてもらって下さい。そしたら背景が遠くなるのでぼかし気味の写真ができあがります。

一眼レフのほうが簡単に自然にぼかしてくれますが、デジカメでもやり方によって近づけることが可能なんですね♪

ISO値アップで暗いところでも安心

ISOって聞いたことない方も多いと思いますが、ISOとは簡単に言っちゃうと「デジカメが感じることのできる光の量」を表す度合です。ISO値が高ければ高いほどわずかな光を感じ取ってくれて、暗い場所でも明るく写してくれるという、スタジオ使いには重要な値です。

暗い場所でフラッシュをたくと、人物や物が光を浴びたようにピカッ!と不自然に光ってしまい、写真に素人っぽさが出ます。コスプレ衣装やウィッグなどはテカテカした素材も多いですからフラッシュはなるべく避けたほうが良いんですよね(o・∀・)b゙

ただ、ISO値を上げるとノイズといって写真がガビガビした感じになりやすくなるみたいなので、上げすぎるのもNG。できたら光源を多くしてISO値を平均〜ちょっと上くらいまでで抑えておくのが一番だと思います!

動きのある写真を撮りたいなら?

例えば合わせ全員でジャンプした写真を撮りたい、剣を振り下した写真が撮りたいなど、マンガの一コマのような動きのある写真を撮りたいときってありますよね。そんなときは「シャッタースピード」を早くしてみましょう!

もしジャンプして3秒で着地するとしたら、その3秒の間に何枚シャッターを切ってくれるか、というのがシャッタースピードです。3秒の間に10回のときと、3秒の間に20回のときでは、当然20回のほうが1つ1つの間隔が狭いので動いたのに止まって見える綺麗なカットになります。

背景だけを動きある感じにしたいときは、反対にシャッタースピードを遅くしてカメラをジャンプする人に合わせて動かします。そうすると人はジャンプで止まったまま、背景だけシャッ!と動いたような感じになって、躍動感ある写真に仕上がります!

同じ構図で設定を変えて撮影する

最近は機能もたくさんついたお得なデジカメも多く出回るようになりました!結構良いデジカメでも数万とか、ちょっと頑張れば手が届くくらいだったり。でも、やっぱり一眼レフには負けるところはあるので、デジカメさんはとにかく撮影数で勝負です(。-ω-)

同じポーズ、構図で1、2枚しか写真を撮らずにハイ次!って方も多いと思いますが、できたら次回から1ポーズにつき5〜10枚以上は撮ってみて下さい。もーメモリの許す限り(笑)

ズームしてみたり、撮る人や物を動かしてみたり、角度を調整してみたり・・・やることはたくさんあります!プロでも、雑誌の表紙を飾る写真を撮るときは、もう何十枚、何百枚と撮影します。

プロになった気分で「イイヨーもっと笑顔で!」とコスプレイヤーさんをいい気分にさせてあげてください(笑)